top of page

大阪キリスト教短期大学と安心・安全な園づくりに関する実証実験を実施


AIカメラ型午睡チェック支援システムのベビモニは、大阪キリスト教短期大学(大阪市阿倍野区、学長:山本淳子)と共に大阪市内の認可保育施設にて、2023年1月〜3月にかけて、安心・安全な園づくりに関する実証実験を実施いたしました。


実証実験の結果として、AIを搭載したカメラ型午睡チェック支援システムを導入することで、午睡時間中の安全確認にかかる負荷を軽減できることを示唆しました。



実証実験を実施した背景


少子高齢化が加速している現代の保育現場では、「こどもが心身ともに満たされ、より豊かに生きていくことを支える環境や経験」といった保育の質がより問われてきています。

そういった状況の中では、こどもたちの安全性を高める配慮や工夫と、こどもたちに関わる保育士の負担軽減の両立を実現することが重要です。


また、AIカメラ型午睡チェック支援システムのベビモニはそういった状況において、「こどもの見守りによる安全性の向上」と「保育士の業務負荷の軽減」とを同時に実現できるシステムです。

そういった背景の下、大阪キリスト教短期大学と共に、実際の保育現場において安心・安全な園づくりに関する実証検証を実施しました。



結果を受けて


今回の実証検証においては、ベビモニが保育士の業務負荷を軽減できることが示唆されました。

EMC Healthcare株式会社は、より良い保育の実現・社会実装のためにも、産官学での連携をより深めていくことが重要だと捉えています。

今後も同様の取り組みを社会福祉・保育業界に関わる組織や関係者の方々と協力しながら、積極的に実施していきます。


大阪キリスト教短期大学からのプレスリリースはこちら

Comments


bottom of page