ベビモニとは

ベビモニとは、保育園において天井カメラを設置することで一台あたり複数人の乳幼児の姿勢を検知し、うつ伏せ時にはアラートを出しながらブレスチェック記録を残すシステムです。

アプリケーションの利用方法

新規登録・ログイン
申込みの後、設置業者との調整とタブレット・カメラのセットで配送します。
同封された園IDと仮パスワードを用いてログインしてください。
一台のカメラに対して一つのタブレットが対応しています。
初回ログインの後、タブレット端末ごとにパスワードの再設定が可能です。プライバシー保持の観点から英数字,大文字小文字を複数入れた8文字以上のパスワードとしてください。

初回見守り設定
まず初めに、その他タブから、カメラで見守る対象の子どもの名前と保育士の名前の登録をしてください。子どもの登録時には、クラスの割り当ても同時にしてください。
見守り記録の開始
本日の記録タブより記録開始ボタンを押すことでカメラが起動し、室内の状況分析を開始します。30秒ほどで人の検知が完了しますので、記録対象となる子供が全員捉えられているか確認してください。
全員に対して番号が振り分けられていれば問題ありませんので、「次へ」を押してください。
一人でも捉えられていない子がいる場合には再度カメラの分析し直しボタンを押してください。
また、記録の対象ではない保育士さんなどに番号が振られていても問題ありません。そのまま次へと進んでください。
名前の選択
読み取られたカメラ映像と子どもたちに割り当てられた番号を参照し、記録対象の子どもの名前を選択してください。子どもの名前が選択するリストにない場合は、その他タブより子どもの名前を事前登録してください。また、一人を対象に複数の番号が割り当てられている場合は誤検知ですので、より顔に近い番号のみに名前を割り当て、重複しているもう片方の番号への名前選択欄は、空欄にしてください。
同様に記録を担当する保育士の名前の選択をしてください。保育士の名前が選択するリストにない場合は、その他タブより保育士の名前を事前登録してください。
アラートの止め方
一定時間以上のうつ伏せ姿勢や、子どものことを検知できない場合にタブレット上でアラート通知が鳴ります。
うつ伏せ姿勢であれば「アラートを止める」を選択し、子どもの様子をみてください。
また、子どもが起床していたり保育士が一時的に抱っこしていたりするような記録やアラート通知を一時停止したい場合には、「記録を止める」を選択することで、個人ごとに記録とアラート通知を止めることができます。
見守り中の記録変更
システムによる自動記録の内容が実際とは異なり、変更が必要な場合は、「矢印の記録」をタップ選択することで正確な情報に変更することができます。
また、これらの記録情報の修正が可能なのは当日のみとなっています。
見守り中の担当者の変更
ブレスチェック記録の担当者が交代したときには、「担当者」をタップ選択することで変更することができます。
選択肢となる所属する保育士の名前はその他タブから事前に入力する必要があります。
見守り記録の終了
午睡終了時間と共に「記録を終了する」ボタンをタップすることでカメラによる記録が終了します。
記録の終了後も本日の記録タブより当日中であれば、記録結果の確認と修正、検温結果や室温、湿度の入力が可能です。
記録の印刷
過去の記録タブより、日付の選択をすることにより印刷したい情報を表示し確認することができます。印刷内容に間違いがなければ、「印刷実行」のボタンをタップすることでデータを書き出しし、プリンターから印刷することができます。
カメラの設定
カメラの設定は現在タブレット端末からは実施できません。不具合がございましたらサポートデスクまでお問い合わせください。
お問い合わせ:03-4580-2500, [email protected]
サポートへのお問い合わせ
その他タブより「お問い合わせ」のボタンを選択することによりFAQを閲覧することができます。問題が解決しない場合にはお問い合わせ先へとご連絡ください。
利用規約の確認
その他タブより「利用規約」のボタンを選択することにより内容を確認することができます。
プライバシーポリシーの確認
その他タブより「プライバシーポリシー」のボタンを選択することにより内容を確認することができます。