「ベビモニ」が「BabyTech Award Japan 2020 安全対策と見守り部門 優秀賞」を受賞しました

先日開催された「BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷」にて、弊社製品「ベビモニ」が、安全対策と見守り部門の優秀賞に選ばれました。 「ベビモニ」は、保育園の室内に天井カメラを設置することで、一台あたり複数人の乳幼児の姿勢を検知し、うつ伏せ時にはアラートを出しながらブレスチェック記録を残すシステムです。 センシングとAI解析の組み合わせで、園児の安全を確保しつつ現場の負担を軽減できる点、コロナ禍における非接触のメリットなどが評価され今回の受賞となりました。 今後も保育現場における安全性確保と業務負担に貢献できるよう、よりよいサービスを開発していきます。   【受賞商品発表】 https://babytech.jp/2020/11/btaj2020_results/ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000026733.html 2020年11月26日・27日に東京・新宿NSビル地下ホールで開催されます「保育博2020」のBabyTech® Award Japan 2020ブースに於きまして受賞商品の展示が行われますので、ぜひ弊社ブースとともにお越しください。 https://hoikuhaku.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja.html  【審査委員からのコメント】 ・簡単な設置で実現し、センシングとAI解析の組み合わせで、園児の安全を確保することが可能となっている。非接触でセンサリングできることもメリット。制度を活用した導入が進むとスケールのメリットも出せそう。 ・コロナ禍において非接触型というのはメリットは高い。カメラであることから現場の管理として手間がかからない。設置は簡単である。資料によると自らの課題を提示しており将来性に期待できる。 ・1人、2人でも子供の面倒を見るだけでも大変なのに、何人もの子供を見てくださる保育士さんには頭が下がります。そんな皆さまの精神的、体力的な負担を減らしてくれる。 ・AIの正しい(標準的な)使い方だと思う。 【「BabyTech® Award Japan 2020 …

日本経済新聞のヘルスケアスタートアップ特集に掲載されました

日本経済新聞のヘルスケアスタートアップ特集に掲載されました 2020/11/04  Healthtech/SUM2020ピッチコンテストに応募した結果、書類審査を経て、 日本経済新聞紙上の「ヘルスケアスタートアップ特集」および 「紙上ピッチコンテスト」への参加企業に選ばれました。 「紙上ピッチコンテスト」では読者投票がありますので、 弊社サービス「ベビモニ」のコンセプトにご賛同いただける方や、 機能や技術に興味を持っていただいた方は、ぜひ投票をお願いいたします。   【掲載メディア】 紙面:2020年11月4日付日本経済新聞のヘルスケアスタートアップ特集 Web:「紙上ピッチコンテスト」(https://www.healthtechsum.jp/startup.html) 【Healthtech/SUM2020とは】 医療・ヘルスケア分野における最新テクノロジー(ヘルステック)と それを活用した先進事例を紹介するグローバルカンファレンスです。 https://www.healthtechsum.jp/

ベビモニが「BabyTech Award Japan2020」において一次審査を通過しQulalified認定を獲得

ベビモニが「BabyTech Award Japan2020」において一次審査を通過しQulalified認定を獲得 日本唯一のベビーテック専門メディア「BabyTech」を運営する株式会社パパスマイル主催、優れたベビーテック商品やサービスを表彰する「BabyTech Award Japan 2020」において、ベビモニが「安全対策と見守り 部門」で一次審査を通過しQualified認定を頂きました。 8月下旬より実施されるプレゼンによる二次審査によって、大賞・優秀賞が選出される予定です。 本件に関する問い合わせはこちら TEL : 03-4580-2500 10:00~18:00(土日・祝日を除く)

カメラ型午睡見守りシステム「ベビモニ」と、園向け業務支援シス テム「WEL-KIDS」が連携

カメラ型午睡見守りシステム「ベビモニ」と、園向け業務支援システム「WEL-KIDS」が連携 EMC Healthcare株式会社(本社:東京都港区) が提供するカメラ型午睡見守りシステム「ベビモニ」と、株式会社 ウェルキッズ(本社:東京都港区)が提供する向け業務支援システム「WEL-KIDS」とのサービス連携を、2020年10月 より開始します。 サービス連携の背景 昨今、保育園を取り巻く環境には、保育士不足、働き方改革、安全性の確保、質の確保といった、様々な課題があります。それらの課題解決には、保育士がこどもに向き合える時間を増やすことが一つの鍵となります。これまで両社は、保育 士の事務作業の負担を軽減することを目標として、「ベビモニ」および「WEL-KIDS」を、それぞれ提供してまいりました。 今後は、カメラにより自動で複数人の午睡見守りを行う「ベビモニ」と、事務作業の効率化を実現するための総合的な業 務支援システム「WEL-KIDS」が連携することで、より一層、保育園における人と人のコミュケーションの促進に貢献で きると考え、今回の発表に至りました。 ■連携によってできること このたびのサービス連携により、ベビモニで自動的に取得された午睡チェック結果がWEL-KIDSに連携されるようになり ます。これによって、WEL-KIDSをご利用のユーザー様において一元的に午睡チェック結果を管理することができるよう になり、さらなる保育士の事務負担軽減を可能にします。また、WEL-KIDSに登録された園児の情報もベビモニに連携さ れることから、ベビモニをお使いの園においても、より便利にお使いいただけるようになります。 今後もユーザー様からのフィードバックも踏まえて、さらなるサービス連携を実現していきます。 プレスリリース詳細 製品のお問い合わせ

布製マスクの無償提供を開始

布マスクの無償提供について ベビモニでは、多くの保育施設で運営を継続されている状況を受け、 応募施設に対して洗って繰り返し利用できる布マスクの無償提供を実施します。 以下のフォームより必要事項を記載の上、ご応募ください! マスクの無償提供に応募する 本件に関する問い合わせはこちら TEL : 03-4580-2500 10:00~18:00(土日・祝日を除く)

新型コロナウイルス感染症対策に伴う、布マスクの寄付を実施

いつも、午睡見守りシステムのベビモニをご利用頂き、ありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症対策緊急事態宣言を受け、 保育園・こども園では休園や登園自粛などの対応をとっている園も多くあります。 一方、医療関係者など保育園を必要とされる方々のために、園児の受け入れを行っている園もあります。 いずれのケースにおいても普段とは異なる対応が必要とされる中、 保育の質や安全性を確保するために、保育師の方々は日々頑張っておられることと思います。 大変な思いをされている方々に少しでもお力になれればと考え、 導入先の園の方々に布マスクを寄付することにしました。 お届けは5月中を想定しております。 【マスク寄付詳細】 配布製品:布製マスク 配布枚数:施設の職員数ごとに調整 配布時期:5月中のお届け 【お問い合わせ先】 本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。 Mail: [email protected] Tel: 03-4580-2500(平日10:00-18:00) 担当: 増川 カメラ型午睡チェックシステム「ベビモニ」につきましては、 保育師が園児に向き合い時間を増やすというコンセプトに共感いただき、 昨年の発売開始以来、保育園、こども園の皆様にご利用を頂いております。 よりよい保育に貢献させていただきたいと思いますので、 今後ともよろしくお願いいたします。

カメラ型午睡見守りシステム「ベビモニ」の販売開始

EMC Healthcare株式会社(イーエムシーヘルスケア、本社:東京都港区、代表取締役:伊達仁人) は、2019年7月より保育園における乳幼児の午睡見守りと記録業務支援を目的とした、天井設置型の複数人同時午睡見守りシステム「ベビモニ」の販売を開始しましたのでお知らせいたします。 詳細はこちらをご覧ください。 プレスリリース詳細